おおくぼ歯科医院

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
□口腔外科治療
sec1_image
歯科ではほとんど、虫歯と歯槽膿漏を扱いますが、これら以外にも口の中にも病気があります。
顎の骨が折れたり、腫瘍ができることもあります。また、生まれつき唇がわれている子供もいます。

こういった虫歯や歯槽膿漏以外の口腔の病気を専門としてみるのが、口腔外科です。

抜歯(歯を抜くこと)から始まり、口腔癌や唇顎口蓋裂の手術などの高度な知識と技術を必要とするものまで、きわめて、多岐にわたる疾患の診断と治療をします


親知らずの抜歯
「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。(第三大臼歯、知歯とも言います)

親知らずは、生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。

横になった親知らず歯並びを悪くする原因にもなりかねません。症状がなくてもなるべく、若いうちの抜歯を勧めます。


当院では、外科処置を得意としていますので、抜歯の経験も非常に豊富です。
安心してお任せください。
親知らずは、本当に頻度の高い口腔外科処置ですが、一般歯科では、扱っていない医院も多いです。

スタッフブログ
おおくぼ歯科スタッフブログ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 医院紹介
 院長紹介
 口腔外科治療
 インプラント治療
 審美歯科
 小児歯科
 予防歯科
 歯周病
 診療時間・MAP

おおくぼ歯科医院
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。